法律で定められている税理士の業務

税理士はいろんな法律に長けているものだから、相続に関する細々としたことも相談できる点がいいですね。

法律で定められている税理士の業務

税理士は法律についていつもよく知っているものです。

税理士っていろんな側面で心強い存在だと思います。実際に、相続税の本を読んだのですが、相続税ってかなりややこしくて難しいことらしいんですよね。だから、ほとんどの人は税理士にお願いするようです。法律って改正もあるから、なかなかはじめての素人にはわからないことも多いんですよね。それに、本によって書いてある内容もまちまちですし。それって、相手は人間だから、判断もはっきりと白とか黒とかいえないんだと思います。人によって変わるグレーな部分っていうのがあるんでしょうね。そう思うと、やっぱりいざ、相続というときには税理士さんにお願いしないとならないと思います。

でも、相続って完成させるまでにはそんなに時間もないことのようです。具体的には1年もないようですよ。そうなると、意外とその期間にできることっていうのはしれたことのようです。それに、骨肉の争いじゃないですが、兄弟間で話が上手くまとまらないことも多々あるようです。相続すべきものがすべて現金でないことのほうが多いから、等分に分けにくいのでそうなるんでしょうけれどね。だから前もって相談しておくといいかもしれません。そうすることで、いざというときに慌てずうまく対処できると思います。

Copyright (C)2017法律で定められている税理士の業務.All rights reserved.