法律で定められている税理士の業務

私たちの生活に欠かせない税金のこと、なかなかわかりにくいですが、税の法律の専門家として税理士がいます

法律で定められている税理士の業務

税の法律の専門家税理士とは

私たちが暮らすために、必ず切っても切れないのが税金です。法律で細分化されているので、一般的にはなかなかわかりにくい税金のシステム。税理士は、それらを把握して、一般市民に代わって、それらの仕事をこなします。法律にのっとって税務の作業をする国家資格の専門職です。税理士になるためには、税理士試験に合格し、業務の経験を持つものが税理士となることができ、税理士名簿へ登録をすることで、初めて税務業務を行うことができます。納税者に代わって業務を行うために、人から信頼されることや、細かなことへの柔軟な対応ができることが必要になってきます。税金の相談に乗ったり、確定申告などの税務書類の作成の代理や税務署への対応の代理などが行うのが主な仕事になります。また社会保険労務士の一部の業務も行うことができます。

税理士の仕事の中でも、税務代理はもっとも重要な仕事になります。税務署の決定などに対しての不服申し立ての代理をすることができます。また一般的には、わかりにくい税金のルールにのっとって正しい申告書の作成や、税金でわからない、困った時に相談の窓口になります。また企業においては、会計監査のための会計帳簿の作成の代行も大きな仕事になります。

Copyright (C)2017法律で定められている税理士の業務.All rights reserved.