法律で定められている税理士の業務

法律とともに多くの情報を扱う立場にいる税理士なので、税理士の良さはその提案数、そしてその質にあるのです。

法律で定められている税理士の業務

法律を知る良い税理士の見分け方

良い税理士の条件とは何でしょうか?一番の条件は、多くの提案ができることだと思います。法律において税改正や節税について、さらに業績や資金繰りについても多くの助言が出来ます。また、社員教育や業務の合理化、リスク対応などにも対応できます。

経営者が直面する問題は、多くの問題が絡んで生まれるので、それらに対応できる力が重要なのです。法律の中でも税務の専門家の税理士ですが、職業柄毎月経営者の会社の帳面を見て業績を把握します。さらには従業員のお給料も、原価管理に関しても。更にはお得意先の近況も知ることが出来る立場なのです。資金繰りの状況も把握できる、非常に珍しい職業なのです。銀行や保険会社などの職業から羨ましがられるほどの関連できる情報の多さなのです。多くの情報を自然と手に入れられる税理士なので、それらの情報を基に提案が出来るのです。だからこそ、それを有効活用できる税理士がよい税理士というのです。

しかし提案できるといっても数だけでは意味がありません。税理士の実力が問われるのは、毎月の様々なデータから課題や問題点を見出し、その改善に尽力する部分です。ひと月でその結果が現れるわけではないので、できれば長期的に見ることで総合的に評価し、いまの税理士で良いのか見定めましょう。

Copyright (C)2017法律で定められている税理士の業務.All rights reserved.