法律で定められている税理士の業務

法律を守っているつもりでも、税の問題は難しくて一筋縄ではいきません。そういう時は税理士さんにお願いしましょう。

法律で定められている税理士の業務

法律は専門家の税理士にお任せしましょう。

法律って難しいなって思います。なんだか知らないうちに法改正になっているものも実際少なくありません。だから、素人だと、いくら本を読んでも、いろんな実感がわかないというのが本音かなって思うんです。でも、法律は実はかなり大切です。特に税に関することはおろそかにすることはできません。知らなかったではすまされないし、その分ペナルティもあるからです。追徴課税なんてなれば、やっぱり健全な経営とはいえませんし、色々と会社の中のお金の流れも変わってきてしまいます。それでも、実際は、大企業でさえ、よく新聞で追徴課税のことなどをいわれているので、やっぱり簡単なことではないんでしょうね。当然、大企業はおかかえの税理士がいるでしょうけど、それでも追徴課税をいわれることがあるっていうのは、それだけはっきりとしない、人の采配にまかされている部分っていうのがあるってことなんだろうと思います。

税金の本は色々と出ていますが、刻々と変化していることも多いので、独学は難しいところです。サラリーマンだと会社が全部勝手にやってくれるので、あまり深く考えることもないでしょうけれど、会社を作って経営していたら、ここはちゃんと把握していないとだめなところです。とはいえ、本業もやらないとならない業務がたくさんあるので、法律はやっぱり専門家にお任せが一番ですね。税理士に任せているだけで、ここについて考えなくていいのは楽ですね。

Copyright (C)2017法律で定められている税理士の業務.All rights reserved.