法律で定められている税理士の業務

税金に関する業務を行う税理士は国家資格で、税理士以外の人がその業務を行うことは法律で禁じられています。

法律で定められている税理士の業務

税理士の業務に関しては法律で定められています

税理士は、いわば税金に関するプロです。仕事としては、確定申告などの書類作成や代理での申告などがよく知られています。税理士になるためには税理士試験に合格しなければなりません(一定の条件を満たした人は試験なしで税理士になれます)。税理士は国家資格です。勝手に税理士を名乗って仕事をすることは法律で禁じられています。仕事はその他にも、会社などの会計業務に携わることも多くあります。取り引きに関して発生する税金などの相談を受けたり、日々の業務の中で発生する疑問に答えることも税理士の仕事の一つです。

相続税の申告書の作成なども税理士の仕事です。相続税は、相続した人によって税率が変わったり、不動産などではその価値を計算する必要があります。そのような複雑な計算をし、申告書を作成することができるのが税理士です。普段、付き合いが無いので、誰に依頼すればよいかわからない場合には、住んでいる地域の税理士会などで紹介してもらうことが可能です。また、税金に関する知識を活かして税金に関するさまざまな相談を受ける無料相談会なども行い社会に貢献しています。お金の話は不用意に他人に相談すると、話が広がる恐れもありますが、税理士ならば、そのような心配がありません。

Copyright (C)2017法律で定められている税理士の業務.All rights reserved.